戦没者追悼と平和の会
NPO法人 戦没者追悼と平和の会
〒849-0112佐賀県三養基郡みやき町江口7561
TEL:0942-89-5135
FAX:0942-89-9281
senbo-peace@senbotsusya.com
NPO法人 遺留品データベース 本の販売 入会申込 英語版

「戦没者に不戦を誓う旅」

厚生労働省との交渉を行いました

2012年10月16日,厚生労働省との交渉を行いました。内容は以下のとおりです。

(1)フィリピン政府との遺体収容協議結果について(継続事項)
厚生労働省回答 フィリピン政府の交渉窓口がフィリピン外務省と決まったので、日本の外務省が頻繁に先方と話し合いを持つようになっている。
     
(2)朝鮮民主主義人民共和国における71か所の埋葬場所の把握状況について
厚生労働省回答 把握していない。 

(3)シベリア抑留者の内シベリアから朝鮮民主主義人民共和国への逆送中死亡者名簿の把握について
厚生労働省回答 平成17年ロシア政府よりシベリアから北朝鮮への逆送予定者名簿の約27000名をもらった。予定者名簿なので、すべてが移送されたかどうかはわからない。氏名・階級・生年と記載事項が限られている。本人からの聞き取りをロシア語で表記してあるので、日本語にすると不鮮明なものもある。保管資料(日本人戦没者・生存者)との照合が難しい。

(4)朝鮮民主主義人民共和国龍山墓地調査結果と同国内における遺体収容計画について
厚生労働省回答 日朝協議の現状の中で、厚労省が今何かをやる状況ではない。
具体的情報のない中で、戦没者なのか一般死亡者なのかの区別も明確でないのが現状。
(尚、当会が2009年12月依頼していた朝鮮人民共和国宛の日本人埋葬地調査依頼書及び第2回訪朝報告書を手渡した。)

(5)朝鮮民主主義人民共和国における戦没者遺児の墓参について
厚生労働省回答 日朝協議がどうなるのか見守る。外交問題であり、厚労省だけでは対応できない。 

(6)本邦内に安置されている朝鮮半島出身戦没者の遺骨数と今後の取り扱いについて
厚生労働省回答 遺骨返還は外務省が窓口である。
寺院に保管されている朝鮮半島出身の民間人死亡者の遺骨に関しては、本日出席の職員は担当ではないが、調査をした団体との約束で貴会から開示請求に対しては、公表は出来ないと結論が出されている。
 祐天寺の北朝鮮出身者の遺骨(軍人・軍属)については国交がないから返還できない状況にある。(これまでと同じ回答)

(7)その他(個人が戦後建立した海外の慰霊碑について)
厚生労働省回答 慰霊碑に関し、平成15年くらいから現地調査しており、国が 造ったものについては、国も関与して現地に依頼し管理している。個人(戦友会など)が戦後海外に建立した慰霊碑の管理が出来なくなっている碑については、意思確認をしたうえで、移設・埋設などの整備事業をしている。扱いについては今後も検討する。

尚、今回も衆議院議員古賀一成議員氏・同内山晃議員の政策秘書の方々に同席頂いた。

以上
戻る


Non-Profit Organization Association of Peace and War Mourning